宝くじ・パチンコパチスロ・競馬・競艇・競輪それぞれのギャンブルの還元率調査

 

日本で行えるギャンブルとしては、有名どころから宝くじ・競馬・パチンコ・パチスロ・競艇・競輪ぐらいでしょうか。

それぞれには当たり前ですが、還元率が存在します。

還元率とは、そのギャンブル自体を行うと統計上何割のお金が戻ってくるかのパーセンテージ。

学生時代に学校の先生からうっすら教わって、「ギャンブルって絶対に勝てないじゃん…」と思った記憶がありますね。

ギャンブルというのは、継続的に何度も繰り返すと必ず胴元が儲かる・利用者が負けるシステムが作られています。一体ギャンブルごとにどれくらいの還元率なのか、見ていきましょう。

宝くじの還元率

いつでもどこでも大体売っている宝くじ。人生で一度ぐらいは買ったことがあるであろう立派なギャンブルです。

1等が5億円だったり7億円だったり、一枚300円のクジがとてつもない大金になる競馬も真っ青なギャンブル、もちろん還元率もとんでもないことになっています。その気になる還元率は

還元率・・・46.5%

です。単純に還元率だけで見ると、100万円分買ったら46万5000円帰ってくる計算です、

これは1等や2等などの高額当選を含んだ額で、個人的に10枚買う程度での還元率は10枚買うと必ず当たる300円と100枚に1枚で当たる3000円を含んだ15%ぐらいが一般の人の還元率という感じです。

宝くじは総務省管理の元で運営されており、そもそも還元率は50%以下にしないといけないと定められています。

引用元(宝くじ公式HP)

総務省管理なので、こんな感じでちゃんとHPで売上金の内訳を公開してくれています。

見てわかるように、宝くじの還元は本当におまけに近いもの、メインは地方自治団体の公共事業などに使われています。

パチンコ・スロットの還元率

パチンコ・スロットを行っている人の多くは知っていると思いますが、どちらにも機械割という割合が存在します。

こちらは参考としてスロットのスペック表です。機械割は実質還元率のことであり、規則で定められいましてメーカさんはこれに準じた割合の中で開発しています。

その機械割は公表値で約90~120%

パチンコは釘や設定、スロットは設定のみでこの数値内に還元率が収まるよう調整されています。

単純に言えば、釘や設定が良い台は100%を超え、悪い台は100%を下回るということです。

時折勘違いされる方が多いのですが、仮に95%だから100万円投資しても95万円返ってくるということではありません。

スロットでは一日に約8000回転ほど回せますので、100%が95%になる作業を8000回繰り返しているという計算になります。20円スロットで3枚掛けの場合1回転で60円を投資し、その95%は57円。つまり実質3円損しているのでこれを8000回繰り返すと24000円失うという計算になります。

さらには消費税増税のため、1000円入れてもメダルが46枚しか出てこない店や、1枚20円で交換してくれない非等価のお店ですと、さらに負け金額の増加・勝ち金額の減少になってしまいます。

このことからも、釘や設定をいい台を見つけるということが大事になりますので、朝並んでいるお客さんたちの気持ちが少しは理解できるようになるかなと思います。

しかしこの還元率は他のギャンブルに比べて高く、だからこそ街中にお店があって普及している理由になりますね。

競馬の還元率

最近テレビでよくCM見かける競馬。最近ではネットで馬券も買える恐ろしい時代になっています。

競馬や競輪などのレース系は、単勝や複勝、ワイドや3連単等様々な買い方が存在します、買い方によって還元率は異なり、昔JRAで公開されていた各買い方の還元率はこちら。

特にこれ以上の記載は無かったですが、おそらくJRAはこうなるようにオッズを操作しているようです。

還元率は見てわかるように約70~80%。宝くじよりはマシですが、パチンコスロットよりは低いものとなっています。

さらに競馬はパチンコ等と違って掛け金は実質無制限です。街中などに簡単に競馬場を作れないですし、競馬場の建築・維持コストや馬の育成等、様々な経費がかかるのでその分を確保するためにも掛け金は青天井+還元率は7割程度にすることが望まれているのでしょう。

競輪・競艇(ボートレース)・オートレースの還元率

競馬と同じくこれらも共通項が多いのでまとめて発表します。それぞれの還元率は

・ボートレース(競艇) 75%
・競輪 75%
・オートレース 70%

となっております。日本のレース系公営ギャンブルは全て還元率は70%程度という感じですね。

競馬と同じで、比較的大きな会場が必要になるということや、運営していくためのコストから考えても還元率は7割程度にするのが良いのでしょう。

まとめ

それぞれのギャンブルについての還元率を調べてみました。

宝くじ<競馬等のレース系<パチンコ・スロット の順に高くなっていましたね。

しかしこれはもはや当たり前なのですが、どのギャンブルでの必ず胴元が儲かるようになっています。

設定が6なら還元率は120%を超えるパチンコパチスロでも、お店にあるのはほとんどが設定1や悪い釘で、イベントの日のみ少し良くなっているというのが大半です。

その他のギャンブルも何回かなら勝てるかもしれませんが、ギャンブルというものはやり続けていくと必ず負けるようになっています。

色々調べていく中で、上記公営ギャンブルなどは当ページでも紹介した通り必ず負けるものです。なので、オンラインカジノやその他怪しい海外サービスなら還元率も高く勝てます!と誘導するサイトを何個か拝見しました。

ハッキリ言って全て信じない方が身のためであると思います。

先ほど学んだように、どのギャンブルも胴元が儲かるようになっているので、こういったオンラインカジノなどのサービスを紹介するのは、紹介料目当てか胴元のPRであるように、必ず何か利を目的としたものとなっています。

当サイトではそういった何か怪しいサービスを紹介するようなことは一切ありませんので、ぜひ安心してご利用ください。なのでブックマーク、SNS共有など是非是非お願いします。

おすすめの記事