トラックボール

 

今回は通常のマウスとは違う「トラックボール」について、ざっくり紹介します

トラックボールとは?普通のマウスとは何が違うのか?メリットデメリットは何なのか?実際に使用している私のレビューを含めて調べてみます。

トラックボールって何なの?

トラックボールは、マウスです。

今は光学式が多いですが、ちょっと昔は底に玉が入っているマウスが主流でしたよね。

こんな感じの

マウス

マウスを動かすと、底の球が転がり動きを認識してPC上のポインタが動く。という仕組みですね

その底にある球を直接指で転がして操作するものがトラックボールというわけです。

んん?それだけ?という感じがしますね。

ではここからはトラックボールの魅力について紹介します

■魅力1 本体自体を動かさないので場所を取らない

これが単純にして最大のメリットでもあり、マウスとの違いでもあります。

マウスは本体を移動させることでポインタを動かしますが、トラックボールは指先でボールを回しポインタを動かします。

なのでトラックボールを置くスペース以外要りません

PCの周りに物をたくさん置かれる方は、マウスを動かして何かを落とした経験などはないでしょうか

更にマウスの場合は遠くまでポインタを動かす際に、マウスを一度浮かして元の位置に戻してからまた動かす動作がありますよね。

人によってはガン!ガン!と大きな音を立ててマウスを操作する人も多いのでは

トラックボールではボールを指で回すだけなので一切本体を動かすことはありません。トラックボールが置ければどこでもいいので、よく寝ながらPC操作する方などにお勧めです。

 

特に個人的にはサウンドクリエイター等の音楽関係の方のトラックボール使用率は高いと感じています、机の上にキーボードやMIDIキーボード、スイッチャーやフェーダー等たくさんの機材を置くことが多いので、少しでも低スペースで効率的に使えるトラックボールの方が理にかなっています。

要は机の上にマウスやマウスパッドを置くスペースが無い、惜しい方はトラックボールの方がお勧めです。

■魅力2 疲れにくい

これは人によって異なるかもしれませんが…

先ほども述べたように、トラックボールは指先しか使いません。

マウスは手首・腕を使って動かしますので、トラックボールのほうが圧倒的に動かす範囲が小さく低燃費です。

手首も動かしませんので、手が汚れることもありませんね。

最初は指先でボールを転がすことに抵抗があるかもしれませんが、そのうち慣れます

使っている動画はこちらを参照

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB

■魅力3 カッコいい(と思う)

すべてはこれに尽きます。個人的にはですが

機能性・利便性を求める方にもお勧めですし、デザイン性を求める方にもお勧めです。

トラックボールと言っても、親指や人差し指用など様々なタイプがあります、オーソドックスなタイプとしては、以下の物でしょうか。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570

4,980円(09/24 14:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

光学式よりも構造がシンプルなので、掃除・手入れなどのメンテナンス性も高く、壊れにくいのも特徴ですね。

特にM570シリーズは使っている人を良く見ます。

以上トラックボールについての紹介でした、少しでもトラックボール使用者率が増えますように・・・

おすすめの記事