湿気でペタンとなる細毛・猫っ毛の救世主「粉ワックス」シュワルツコの使用レビュー

 

以前に紹介しましたこちらの記事

髪が細く、猫っ毛で午後にはいつもつけたワックスが溶けてしまい、ぺったんこのベタベタになってしまう人向けの救世主ワックス「シュワルツコフ オージス ダストイット」

シュワルツコフ オージス ダストイット 10g

シュワルツコフ オージス ダストイット 10g

950円(09/20 19:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

こちらの粉ワックス、買おうと思って忘れていました。そこから実際に購入して1カ月ほど使用したのでレビューしたいと思います。

粉ワックス「シュワルツコフ オージス ダストイット」使用レビュー

というわけで上のAmazonで買ってみました。これから梅雨のシーズンですしレビューには絶好の期間です。

買う前から思っていましたが、TENGAにすごい似ているとデザインだなと思います。

10gなのに約1000円以上と強気な価格なのですが、一体それほどの効果はあるのでしょうか。末端価格1g100円超えですからね。純銀と同じ価格ぐらいですよ?

 

まずは蓋を開けてみます。写真の通り十字に沿った形て小さい無数の穴が開いています。塩・胡椒と同じシステムを採用しており、こちらを頭の上から振りかけるというシステムになっています。新しいですよね。

 

 

さっそくどんな中身なのか机に一振り。一振りで本当に粒子の細かい粉がファサっと出てきました。

カビの胞子みたいですね、匂いはまったくしません。一振りで何グラムなのでしょうか、おそらく軽すぎ・細かすぎで0.5グラムも出ていないと思います。

ここからは実際に髪の毛につけて見ます。

 

こちらが何もつけていない寝起きのフラットな髪です。見ての通り1本1本の毛が細いです。

こちらに直接そのままこの粉ワックスを上から頭頂周りにかけて、2・3回振りかけてモミモミします。

するとこうなりました。

 

完全に爆発しました。根元からもみこむように触ると、おっおっ・・・というように毛が固定されているのを感じます。持ち上げると写真のようにボンバー状態になってしまいます。

白い粉は振りかけて揉み上げるとどこかへ消えてしまいました。よく見ても白い粉は残っていません。なぜ?

何がすごいかって、手がべたつかないという点です。ワックスをつけた手がなぜかサラサラ、なのに髪の毛はハードスプレーで固めたような安定感。「?????」と疑問符が止まりません。なぜ?

なんというか、ハードスプレーを超微粒子の粉にしてふりかけた という印象です。水っぽさは一切なし。

ワックスのように、髪になじませる・塗りつけるという概念はなく、粉を振りかけて揉みこむような形でスタイリングしていきます。これが中々慣れないと難しい。

用途としては、へたりやすい重い頭頂部分を力強く持ち上げ固めてくれるのが適任なワックスだと思います。頭頂部は一番重力に逆らう形で立ち上がるのでキープ力が必要ですよね。これならいける!と確信します。

 

という感じでボンバーをなだめつつそのままスタイリング。多い毛束が作りやすいし、なにより手がべたつかずに何度でもスタイリングができます。なんで?

まるで細い髪の毛が針金になったような感じです。いつもギャツビーの灰色のマットタイプのワックスを使っていましたが、もう戻れない気がしてきます。見た目にもワックス特有の照りもなくマットな感じです。

 

このまま雨の日外を歩き回ったり雨風うけたりして1日を過ごしましたが、結果から言うとずっと髪の毛はこの写真のままキープできていました。本当になぜかはわかりません。

さすがに強風受けるとヘアスタイルが崩れますが、手櫛ですぐに元通りです。なぜかずっと髪の毛が針金のようなままです。通常のワックスであれば昼過ぎぐらいには水っぽくベタつき始め、手櫛するたびに固定力も下がってきて地獄になるのですが、粉ワックスはそれがありません。とにかく湿気に強いみたい。

 

以上今のところメリットしか感じない粉ワックスですが、1カ月程度使用して1つのデメリットを感じました。

それは「シャワーで落ちづらい」ということです。通常のワックスであればお湯で流してシャンプーすればほぼ落ちますが、これは水ではあまり落ちず、シャンプー1回して6割程度しか落ちていない印象です。

泡立ちのいいシャンプーで2回は髪を洗わないと落ちないというのがデメリットですね。湿気に強いということは、つまりシャワーでは落ちづらいというジレンマを抱えてるわけです。

ちなみにシャンプー1回で多少まだワックスついている状態でシャワーを終え、次の日にもまだキープ力が少し残っていました。なんなら2日いけるんじゃないかという力強さ。

通常のワックスであればべたつくので全部落として布団で寝たいと思いますが、こちらは単純に髪の毛1本1本が固くなってもっさりする感じがするだけで、特にべたつかないのでワックスついていても不快感無くお布団に入れます。

これがいいのかはわかりませんが、湿気に対するキープ力が強い=お風呂で落ちずらい はどうしようもないので諦めるしかないでしょう。シャンプー2回すれば落ちるし。

あとはこの価格でしょう。通常のワックスの2,3倍はゆうに高いです。ネットでしか買えないし。

1カ月間の平日+たまに土日使用しましたがまだまだ量は半分以上あるようです。1回の使用で3~5振り程度であれば50~70回ぐらいは使えるんじゃないでしょうか。

雨の日や湿気の強い日だけこちらを使用して、天気のいい日や湿気の少ない時期は通常のワックスを併用するのもいいでしょう。

まずこの粉ワックスを使ってみて、自分のスタイルに合うかどうか確認するのがいいと思います。

猫毛の人や、そもそも毛が細い人、ワックスでべた付くのが嫌な人、自然な感じて髪を立ち上げたい人、ワックスにーハードスプレーまでしている人には超お勧めですね。

おすすめの記事