Twitterで元のツイート・メディアを含めないで埋め込む方法

Warning: Undefined property: stdClass::$Offers in /home/kintorelife/notissary.net/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 159

Warning: Attempt to read property "Summaries" on null in /home/kintorelife/notissary.net/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 159
スポンサーリンク

 

知らぬ間にツイッターのUIが変わっており、ツイートの埋め込み方法も少し変わったようです

Twitterの新UIに対応した埋め込み用URLの出し方、メディアを含めない埋め込みURLの出し方、元のツイートを含めない埋め込みURLの出し方を備忘録として記載します

以前までのツイートの埋め込み方法

まずは以前までのツイート埋め込み方です

ツイート内に表示される矢印アイコンをクリック
メニューから [ツイートをサイトに埋め込む] を選びます

 

別ウインドウで表示されるURLをコピーして貼り付けるだけで埋め込み完了
そのツイートが別のツイートへの返信である場合は、[元のツイートを含める] チェックボックスをオフにして元のツイートを非表示にしたURLが表示
ツイートにメディアが含まれる場合は、[メディアを含める] チェックボックスをオフにして、ツイートとともに表示される写真やGIF画像、動画を非表示にした埋め込みURLが出力できました

しかし新UIでは上記の方法では埋め込みURLを出すことが出来ません、一体どうやるのでしょうか

Twitter新UIのツイートの埋め込み方法


途中までは一緒です。埋め込みたいツイートの右上にある「V」みたいな記号を押してメニューを開き「ツイートを埋め込む」をクリックします

クリックすると、別ウインドウで「Twitter Publish」というページが出てきます

残念ながら新UIのツイッターではこのページを経由しないと埋め込み用URLが出せないようです、全部英語だし困ったものですね

「Copy Code」をクリックすればツイート埋め込み用URLをコピーできるのでそのまま貼り付けるだけです

では「メディアを含めない」「元ツイートを含めない」用のURLの出し方はどうするのでしょうか

上記画像の赤丸部分にあるset customization optionsをクリックします

 


ツイートの上にこういった項目が表示されます

ここで見埋め込みをした際のインターフェイスの色や言語を設定出来ます、その下にある

Would you like to limit context in this Tweet?
□Hide Conversation

この部分にチェックを入れ、Updateを押すと引用ツイートを含めない埋め込み用URLが生成されます

ちなみにメディアを含めない埋め込みURLを生成することはできませんでした

色々頑張って探したのですが…残念

ご参考になれば

スポンサーリンク
おすすめの記事