ストロングゼロ文学や、ストロングゼロのコラ画像まとめ

ストロングゼロとは

ストロングゼロとは、サントリーから発売されている缶チューハイのことです。

一般の缶チューハイと比べアルコール度数が9%と高く、最近ではこういったアルコール度数が高いチューハイが増えており、ストロングチューハイ系と総称されることもあります。

また、容易に手に入れることができ、すぐに酔えることから「ストロングゼロ文学」というものまで生まれています

ストロングゼロ文学

低価格でアルコール度数が高く、手軽に酔えることから2017年11月ごろよりインターネット上で「飲む福祉」「虚無の酒」と呼ぶ声が散見された。Twitterでは、退廃的・自虐的なつぶやきや、名作文学に「ストロングゼロ」を登場させるツイートが「#ストロングゼロ文学」として流行した。

アルコール度数9%のストロングゼロ500mlに含まれるアルコールは36gで、テキーラのショット(英語版)3.75杯分に相当する。商品名の通り強い酒であり、飲酒にあたっては適量を考慮することが望まれる。

引用:wikipedia -196℃ ストロングゼロ

辛い日常などから逃げるように、ストロングゼロで酔ってうやむやにする所から「虚無の酒」と呼ばれているようです。ロング缶でテキーラのショット3.75杯分ですよ。普通の人ならロング缶1つで出来上がってしまう量ですね。だからこそ人気なのかもしれません。

ストロングゼロの画像まとめ

文学としてまで昇華されてしまったストロングゼロ。なぜか北斗の拳を中心に、たくさんのコラ画像が作られています

おすすめの記事