千葉県のYさん

 

2018年12月21日から全国映画館で上映されています「ニセコイ」

映画が盛り上がる中で、ネット上では「千葉県のYさん」という人物が話題になっています

実はちょっと前にも話題になっていた千葉県のYさん。この人物は一体どういう人物なのか?そもそもニセコイって何?というところから紹介していきたいと思います

まずニセコイって何?

ニセコイ』は、古味直志による漫画作品。読切版が『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2011 WINTERに掲載後、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2011年48号から2016年36・37合併号まで連載された。

引用 wikipedia

週刊少年ジャンプのラブコメ漫画史上一番連載期間と巻数が長く、2018年4月時点での累計発行部数は1200万部の大人気ラブコメ作品です

コミックスは全25巻で2011年から2016年までの連載で既に完結済みとなっています

ニセコイ 1-25巻セット (ジャンプコミックス)

ニセコイ 1-25巻セット (ジャンプコミックス)

古味 直志
10,788円(12/09 01:42時点)
発売日: 2019/12/08
Amazonの情報を掲載しています

2016年に連載を終えた作品ですが、もちろんアニメ化やゲーム化もしており、現在は実写映画化したことで今でも話題になっています

英語ニセコイ

最近公開された実写映画ではジャニーズ事務所の5人組アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人さんが主演ということもありテレビでもよく番宣しているのを見ますね

さて、ここまでの話で一切何も話に出てこなかった「千葉県のYさん」

結局どういう人物なのでしょうか

 

千葉県のYさんの初登場(第1回キャラクター人気投票)

千葉県のYさんが初めて世に認知されるようになったのは、2013年に週刊少年ジャンプ内で行なわれたニセコイの1周年記念人気投票からとなります

ジャンプの人気投票はボボボーボ・ボーボボ等いつも話題になりますよね

この1周年記念人気投票では、漫画内に登場するキャラクター、「橘万里花(通称マリー)」が4位と獲得したのですが、そのキャラクターのコメントに注目です

キャラクター人気投票

「私に一人で1500票手書きで送ってくださった、千葉県のYさんに特別な感謝を…」

とあります。ここで初めて「千葉県のYさん」という人物が一般に認知され、そして伝説へとなっていきます

橘万里花

この橘万里花という主人公に思いを寄せるキャラクター。人気投票での投票数は2694通、そのうち1500票は千葉県のYさんとなっているので得票数の約56%が千葉県のYさんとなっています

1500枚のはがきを書くだけでも大変な作業です、ものすごい熱意を感じますね

ちなみに第一回の投票結果は以下のようになります

1位 小野寺小咲 4893票
2位 桐崎千棘 4338票
3位 鶫誠士郎 2982票
4位 橘万里花 2694票
5位 宮本るり 971票

 

千葉県のYさんが1500票入れなくても5位の「宮本るり」より元々勝っていたというオチもついています、結果論ですが…

千葉県のYさんの愛は止まらない(第2回キャラクター人気投票)

全国に衝撃を与えたニセコイ第1回人気投票から早一年。第2回目のニセコイ人気投票が始まります。

橘万里花2

投票前から名指しで煽られているのか期待されているのか、千葉県のYさんへの直接メッセージが。前代未聞な状態の中、一体第2回人気投票結果はどうなったのでしょうか

1位 小野寺小咲 5110票(+217)
2位 橘万里花 4518票(+1824)
3位 桐崎千棘 4341票(+3)
4位 宮本るり 2902票(+1931)
5位 鶫誠士郎 2889票(-93)

 

前回の4位からなんと2位になっています。これは千葉県のYさんパワーなのか?それとも橘万里花のファンが純粋に増えただけなのか?メインヒロインを抜く得票数を得ています

橘万里花3

やはり千葉県のYさんの投票があったみたいです。前回のように何票の応募があったのかは公開されていませんが、相当数の投票があったのではないかと推測されます

橘万里花4

紙面でも「たくさんのご応募有難うございました!!(特に千葉県のYさん)」

とあります。たくさん応募したのは間違いないようですね

さらに前代未聞なのが、前回の人気投票から話題になっていた千葉県のYさんが…

千葉県のYさん

なんと堂々第19位にランクイン!ニセコイ内で登場するキャラクターではないのに!

千葉県のYさんの熱意をみてファンになった方もいるようです

更には小野寺小咲に投じた千葉県のFさん、るりちゃんに投じた熊本のKさんなど、千葉県のYさんと同じ熱意を持った人々が現れ始めます

 

公式Twitterでもいじられる千葉県のYさん。一体第3回の人気投票はどうなってしまうのでしょうか

人気キャラクター投票から人気エピソード投票へ

さらに1年後の第3回の人気投票では、趣向が変わりキャラクターの人気投票ではなく好きなエピソード投票となりました

キャラクターに投票できない以上、一体千葉県のYさんはどういった行動に出るのか、注目が嫌でも集まります

さらに第3回からは、投票ハガキにジャンプ本誌に付属する投票券を貼るのが必須の「投票券制」が導入されました。複数票を投じたい場合は1票ごとに1冊のジャンプ(当時240円)を買わなければならず、出費がかさむことになり大量応募に抑制がかかってしまいます

色々と変化があった第3回の人気投票。一体どうなったのでしょうか

 

ということで、マリーが主役のお話 第97話「オネガイ」が見事1位になっています。やはりこれも千葉県のYさんの愛の力があったからでしょうか

千葉県のYさんへ対するコメントが半分を占める勢いで書かれた感想戦。結果発表の煽りには「千葉県のYさんには重ねて御礼申し上げます」という謝辞が綴られており、千葉県のYさんから800票以上の投票があったと書いてあります

もちろん投票制なので、1票投票するにはハガキ1枚とジャンプ1冊が必要です、ざっと800冊のジャンプ(240円×800冊)とハガキ代(52円×800枚)を計算しますと約25万円という金額になります

ちなみにジャンプは1冊約700gなので800冊で560kgになります…床が抜けそう…

詳細は結果は以下の通りです

1位 オネガイ マリー回 1204票
2位 ホンバン 千棘回  930票
3位 アンシン るり回  521票
4位 オハヨウ 小野寺回 484票
5位 キヅイテ 千棘回  439票
6位 オウエン 舞子回  202票
7位 ユイネエ 羽姉回  132票
8位 オトマリ 小野寺回 114票
9位 タイフウ 小野寺回 97票
10位 ブキヨウ 春回   83票

圧倒的な愛と財力を示した千葉県のYさん、その愛は人気投票だけではなく、スマホ版アプリにも影響していきます

千葉県のYさんの愛はスマホアプリにも

「ニセコイ」の公式スマホアプリ「ニセコイマジコレ!?」の万里花のランキングで、千葉県のヤマモトさんが1位となりました

千葉県のヤマモトさんと千葉県のYさんが同一人物なのか不明ですが、彼の愛が本物であれば同一人物ではないのでしょうか

漫画だけでなくアプリもカバーする千葉県のYさん、恐れ入ります

マリーの誕生日にも千葉県のYさんの愛が

マリーの誕生日は3月3日。2015年のマリーの誕生日には千葉県のYさんからこんなプレゼントが届きます

原作者宛てに届けられたのはマリーゴールドの花と月の土地の権利書。

マリーゴールドの花と月の土地の権利書

実は原作内ではこのマリーというキャラクターは表舞台から離脱するようなストーリーになっているのですが、それでもマリーを応援し続ける千葉県のYさん。彼の愛は本物でしょう

そして第3回キャラクター人気投票へ

前回の人気ストーリー投票を挟んで第3回目の人気キャラクター投票、否が応でも千葉県のYさんが一体何票入れるのか注目が集まります

結果から見てみますと

人気投票

マリーは残念ながら4位という結果に。

千葉県のYさんは今回投票に参加できなかったのか、様々な憶測が飛び回る中、感想戦を見てみると

感想戦

今回千葉県のYさんからの投票は無かったとの旨。その代わりに届いたのは「花束とガラスの靴」

ガラスの靴と原作内でのキーアイテム「鍵」が原作者宛てに送られています。そしてその気持ちにこたえるかのようにその靴と花を持ったマリーが人気投票の絵に描かれています、千葉県のYさんも本望ではないでしょうか

ちなみに千葉県のYさん自体の人気は前回と同じ19位です

千葉県のYさんの愛は次元を越える

2016年8月8日のジャンプでニセコイは連載最終回を迎えました。

その最終回内ではマリーがお見合いをするシーンが描かれており、その中には「千葉県在住の…」という、千葉県のYさんを思わせる文言が…

マリーがお見合い

「読者が推しキャラとフラグを立たせる」という次元を超えて前代未聞の偉業を成し遂げた千葉県のYさん

そしてニセコイの実写映画に出演へ

ニセコイ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

ニセコイ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

内山昂輝, 東山奈央, 花澤香菜, 小松未可子, 阿澄佳奈
30,854円(12/08 17:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
おすすめの記事