本棚

家には冷蔵庫や本棚、水槽やラック物置、ベッド等、重いものがたくさんあります

特に本棚やラックは中身次第でとてつもない重さになってしまいます

そこで気になるのは「・・・これ床抜けないか?」

実家や賃貸の2階等、更に家が木造だと床が抜けないか本当に心配になるときがありますよね

ということで調べてみることに

色々調べた結果、以下のサイトへたどり着きました

『荷重』- 積載荷重

出典:一般社団法人 日本建築構造技術者協会

 

ざっくり解読しますと

「住宅の居室、住宅以外の建築物の寝室または病室」で「1平方メートルに対し180kgまで

ということです

1平方メートルは 1m × 1m の範囲を示します。この範囲で180kgまでは床は抜けないように設計して建てられているということです

しかし、床が抜けないだけであって、床がたゆんだり凹んだりする可能性はあります

今置いてある重そうな物が実際何キロぐらいあるのか、どういう物をおいていると180kgを超えそうなのか調べてみます

 

どれくらい物を置けば180kgを超えるのか

■本

本

一番メジャーでほとんどの家庭にあるかと思います。

普通のコミック本で250g、厚い新書で400g、間をとって平均325gとしましょう。

180kg÷325gで514冊ほど本があれば180kgを超えてしまいます、514冊であれば積み方によっては不可能ではありません、天井の高さにも左右されますが

あくまで本だけなので、本棚の重さは計算していません。また本棚が1平方メートル以上の大きさがある場合は180kgの限りではありません

本棚で床が抜ける…というのは考えにくいですが、2階で本棚みちみちに本を収納して更に本棚の上にも物を置いたりすると、床がたゆんだりする可能性があります

長年重い本棚を放置しておくと床が歪む可能性もあるので、あまり重さが集中しないような整頓を行いましょう

 

■冷蔵庫

冷蔵庫

大型の冷蔵庫で100~120kgとなります。

120kgと仮定すると、残りは60kg

ということは牛乳が60本ぐらいまでならセーフ、冷蔵庫は大型でも大体が1平方メートル内に収まる面積ですので、冷蔵庫の中身がパンパンでさらに上に重いものを乗せていると万が一床が抜ける可能性はあります。

 

■ピアノ

グランドピアノ

種類によって大分異なり、重さの幅として200~400kgぐらいです 400kgとしましょう

400kgもあると床が抜けそうですが、1平方メートル以上の大きさがあるのでセーフです

画像ではピアノの支点が3つあります
うまく重さが分散しているとすれば1本の足で約133kg重さがかかっています

危ない点として、移動や掃除をする際にピアノを片側から持ち上げると残り2本、または1本の支点に
重さがかかり、ざっくりですが1本だけ持ち上げると残り2本に200kgずつ、2本を持ち上げると1本に400kgの重さがかかってしまいます。

場所によっては床材に穴が開いてしまったり、本当に床が抜ける可能性がありますね

というか実際にピアノで床が抜けた人は一定数いるようです

別にピアノ移動させなきゃ大丈夫っしょーと思いますが、実は地震等でグラグラ揺れた際に重心が偏って床を抜かしてしまうということがあるようです

こういった床補強プレート等でピアノと地面の接地面積を増やして、かかる重みを少しでも分散させる方法で対策が出来るようです


以上がざっくりとした床が抜ける考察ですが、あくまで一般的な住居の話です。

築年数が相当経過している家や、木造で木が痛んでいる家では上記重さ以下でも床が抜ける危険性があります

更に、ピアノでも書きましたが地震が発生すると揺れた表示に一か所に重さが集中して床が抜ける可能性があります

 

 

ちなみに家にあってもおかしくないもので、1平方メートルに収まる中で一番重いものはなんなのか

思い当たるものが・・・「金庫」です。

金庫

金庫ごと盗まれないよう、そもそもが重いですし、燃やしたり重機で簡単に壊せないよう硬い物質が素材で頑丈な作りになっているので結果的に重くなってしまいますね

ホテルにあるような小さい金庫なら余裕ですが、150cmぐらいの高さがある金庫は要注意です。

中には300~700kgあるものも・・・・

 

漫画のように人間が丸ごと落ちるような床が抜けることはほぼないと思いますが、ピアノの支柱のような強烈な重さを1点に集中させるタイプは床に穴が開き、木造住宅なら下の階へ穴が開いてしまう可能性はあるかもしれません

あまり気にするほどではありませんが、重い物を購入した際は注意して下さい

おすすめの記事