いきなり!ステーキといえば最近各所に店舗を構えるステーキ屋さんです

母体はペッパーランチをやっている会社ということでも有名ですね、最近はいきなり!ステーキが海外進出しているんだとか

その中で、いきなり!ステーキ肉マイレージランキング一位のオフロスキwさんという方がとんでもない量を肉を食べていて話題になったので調べてみます

いきなり!ステーキの「肉マイレージ」とは?

肉マイレージカード
まずいきなり!ステーキの「肉マイレージ」とは何なのか

他の飲食店のようにポイントカードなるものがあるのですが、それがこの「肉マイレージ」。お店で注文時や会計時に100円で発行、もしくはアプリ版で無料でマイレージカードを作ることが出来ます

通常であれば来店数や飲食代に応じてポイントやスタンプが付くシステムかと思われますが、この肉マイレージとは、いきなり!ステーキで何gのお肉を食べたかが、そのまま肉マイレージとして記録されます

マイレージを貯めれば貯めるほど、ランクアップしたり特典が貰えるという仕組みです

ノーマルカード

ノーマルカード
こちらが最初に発行される肉マイレージカード。ここから肉マイレージを貯めていきます。
特典:誕生日に500円のクーポン

ゴールドカード

ゴールドカード
こちらがゴールド肉マイレージカード、通算3,000gのマイレージを貯めるとランクアップします

ランクアップ時に下記特典が貰えます

・1000円クーポン
・1回の来店でソフトドリンク1杯無料
・誕生日の月にUSリブロース300g無料

プラチナカード

プラチナカード
更に肉マイレージが通算20,000gを超えますとプラチナカードにランクアップします、特典は

・ランクアップ時に3000円クーポン
・誕生日の月にお好きなステーキ300gが無料
・1回の来店でお好きなドリンク1杯無料(アルコールを含む)

ダイヤモンドカード

ダイヤモンドカード

肉マイレージが通算100,000g以上になるとダイヤモンドカードへランクアップします。特典として

・ダイヤモンドカードにランクアップ時に10000円クーポン
・誕生月にお好きなステーキをペアで300g無料
・ご来店1回に付き、お好きなドリンク1杯無料(アルコールを含む)
・ダイヤモンドカードを提示すると優先的に入店できる。同伴者1名までOK
・アルコールを含むドリンク1杯無料を同伴者にも適応

となっています。このランクが最大となっており、肉をトータルで10キロ食べないといけません

公式サイトのメニューを見ますと、一番安い1g6.6円のミドルリブステーキですとかかる費用は消費税やランクアップ時の特典などを除いで66万円かかります

毎日300gのステーキを食べたとして、約333日かかる計算です。

肉マイレージカードランキング

いきなり!ステーキの公式サイトでは、この肉マイレージのトータルg数の総合・月間・重量級ランキングが公表されています

肉マイレージランキング

世界は広いと感じさせるランキング、最重量ランキング一位では一度に7456gの肉を食べている猛者がいます、ステーキ7.4kgって…そこらへんの大食いタレント並みかそれ以上に凄い…

注目すべきはやはり総合ランキング、覗いてみますと

総合ランキング

一位のオフロスキwさんだけ桁が違うのが見て分かります。

この1.4トンものステーキを食べている一体このオフロスキwさんが一体どういう人物なのか調べて見ました

オフロスキwさんとは

さて一体どんな人物なのか、Twitterアカウントをすぐに発見しました

オフロスキw
オフロスキwBRMsunriseDNS @ofurosukiw

TVにも時たま取材されているようで、顔も公開されているようです

男性で年齢は50歳。一日一食生活をしているそうで、1回の注文で1400gの肉を毎日食べているようです。

 

何をされている方なのか、臨床検査の学術員さんという情報がありました、お風呂が好きなのかどうかはわかりませんでした

プロレスラーのような大柄な体系なわけでもないのにステーキを毎回1.4キロ食べる強靭な胃袋、人は見かけによりません

1.4トンの肉食べるには、3年間毎日1食生活で、毎日1.4キロのステーキを食べていたとして丁度1000日かかります

さすがに食べれない日もあるでしょうから、約3年間という期間と照らし合わせてもおかしくないですね

血液臨床検査の学術員さんという職業の様で、毎日ステーキを食べても破産しない経済力もあるようです。毎日1.4キロであれば1回の会計で8000円前後の食費となります。月単位で食費が毎月24万円ほど…

なので肉マイレージ一位になるには、人並み以上の経済力と、肉を毎日食べ続ける忍耐力、そして毎日ステーキを食べ続けられる胃袋の力が必要ですね。継続は力なり

何事も1位を取るのは大変です

おすすめの記事